【男性編】サクラ??なぜか会えない。やってませんか?興醒めされちゃうその誘い方



「マッチングアプリは出会えない」「マッチングアプリは会う寸前になって音信不通になるからサクラだらけだ」
実際にそうなのでしょうか?
もちろんサクラがいるのも、キャッシュバッカーと呼ばれる、一般のサクラの様なお小遣い稼ぎが居るという話が、報告されているのは確かです。
でも、本当に出会えた人の体験談もネット上だけでは無く、身近な人間から耳にする機会が増えているのも事実。
それだけ出会いのツールとして、身近になってきているのが、マッチングアプリや出会い系サイトでは無いでしょうか。
じゃあ出会える人と、出会えない人の違いは何なんでしょう。


出会える人・出会えない人、違いとは?

もちろん、プロフィール、写真、メッセージのやりとり内での印象など、その理由は様々でしょう。
今回はその中から、メッセージは多く寄せられるし、会話も成立していたのに、なぜか会う事が実現をしない!っという人に関して、少しお話をしていきたいと思います。
マッチングアプリ内で「いいね!」の数が多いというのは、かなり好印象なプロフィールだという事になります。
そして、その数は、出会いに繋がる数ともちろん比例していきます。
なので、「いいね!」の数が多いプロフィールの人は、出会いへのチャンスも多いという事になるのです。
そんな出会いのきっかけは掴んでいて、会話も盛り上がっているのに、なぜか会う直前になって会えなかったり、音信不通になってしまったり、最悪の場合ドタキャンを食らってしまうなんて人には、あるいくつかの共通点があるのです。


・数通ですぐにタメ口になってしまう。

数通しかあやりとりをしてないのに、紳士の化けの皮は、ツルっと剥がれてしまい、タメ口に。仲良くなっての変化はいいでしょうが、数通では勘違い男と思われてしまっても仕方がありません。
会ってもこんな感じで、我がもの顔をされてもっと、会う事を懸念させてしまいます。


・日記の様に送りつけられてくるメッセージ。

会う予定が決まるにしかり、仲良くなった事が嬉しいにしかり、日常の出来事をまるで、日記かTwitterのごとく乱用し、送りつけてくる、独り言。
お互い楽しく会話をしている最中に、「今日こんな事があってさー」なんて話はもちろんOKですが、「今日は〇〇に行ってきました!~~~~」「明日は○○へ行く予定です♪~~~」「ただいまー、今から○○を食べます!」なんてな具合に、返事もしてないのに送りつかられると、相手にとってはかなり重荷になってしまいます。
ましてや付き合ってもいないのに、送ってこられると、ひいてしまう一方になるでしょう。


・苦労自慢の独り言。

上記の“日記の様に送りつけられてくるメッセージ。”にプラスして、「今日は寝てないんだよね」「仕事がこんなに忙しくて」などなど、自慢なのか、大変さアピールなのか、お相手からすれば、『なんて返して欲しいの…。』っと、ひいてしまうばかりで無く、『会ってもひたすらこんな人なのかな…』っと、出会う事も面倒になってしまうでしょう。 相手が、どんな1日だったか、どんな会話を求めているのか、相手の立場になって考えてみる事も大事です。


・返事もしていないのに、連投メール!

夜遅い時間に寝ていたり、仕事が忙しかったり、友人と余暇を楽しんでいたり、すぐ様返事ができないシュチュエーションは多々あります。
読むのは読んだけど、あとでお返事しようなんて事もあるはずです。
そんな時に、「あれ?既読になってるのにな…」っと、またメッセージを送ってしまったり、他の話しを思いついてしまったので、また送ってしまうなんて事は、絶対にNGです。
お相手は今後のことも考えて、あなたに会うはずです。 もし付き合ったら?すごく束縛の激しい人なのかな…、まだ会ってもいないのにっと、怖がられてしまいます。
むしろ女性は、適度にマメで、適度に突き放してくれるくらいの男性の方が、余裕を感じて、むしろ女性の方から気をひきたくなってしまいます。 相手のことが気になっていても、気持ちが高まっていたとしても、ぐっと余裕を持って我慢をしてください。


・盛り上がって数通で会う予定を急かす。

これは、数通で話が盛り上がったからと、あなたが仲良くなった特定の相手だと、勘違いしてしまっているだけの可能性が高いです。
相手からしても、いろんなお誘いやメッセージは届いているかも知れません。
そんな中、全ての相手と会うわけでは無いでしょうから、自分に合う相手なのかな?っと相手をしろうと会話をしているだけかも知れません。
そんな中、「じゃあ会おう」「とりあえず会おう」「いつ??」っとせかしてしまうと、『あぁこの人、みんなに声をかけてるんだ』『軽い相手にされそう』と警戒心を抱かれ、連絡が途絶えてしまうのです。

つい、顔が見えない分、忘れてしまいがちなのですが、自分だけでは無いことを、理解して、自分を相手に理解してもらう気持ちを大切にしてください。 うっかり気づかないうちに、こんな言動や行動をしてしまっていませんか?
そして、そんなタイミングで、連絡が途絶えてしまったり、会う予定がなくなってしまったりしていませんか?

余裕をもって、対、人と人ということを忘れずに、接してみてください。
きっと、実際に会うという段階へ進んでいくチャンスは多いに増えるはずです。