【年収編】マッチングアプリ!相手の嘘を見抜ぬいて出会う方法



結婚を意識している人や、恋活を真剣に考えている方は容姿や性格以外にも年収や、相手の職業など、重要視しますよね。
ただ婚活アプリやマッチングアプリの中には、実際の年収より高く設定している人も存在します。逆に年収が高すぎてそれだけを狙って近づいてくる相手を嫌って低く設定している人もいるんです。
真剣に結婚を考えている人にとって、年収で嘘をつかれてしまうのは精神的に大きなダメージを受けてしまい最悪の場合、次のチャンスすら失ってしまう可能性もあります。
もちろん、費やした時間だって馬鹿にならないですよね。
では、何を基準に『怪しい…』と思えばいいのでしょうか。


年齢に見合わない年収には要注意!

少し冷静に考えてみればわかるのですが、楽しく対話している時は、相手を信じ切ってしまって見て見ぬ振りというか、見過ごしがちなのが、この年収の異様さです。
そして、住んでいる場所にもよりますが、20~30代の男性の場合、年収の全国平均は400万円程度と言われています。
なのに、その年齢で極度に高い場合は、職種にもよりますが、若干注意が必要です。
その場合、仕事の内容や、どんな事をしているのか確認してみましょう。
それも何度か聞いてみるのもいいでしょう。とっさの嘘がつけても何度か問うと辻褄が合わなかったり、綻びが出てくる事もあります。
仕事の内容に関しても、具体的な内容を言わない場合も少し客観的に相手を見る必要性が高くなるでしょう。


どんな職種だと平均以上?

社会的地位の高い仕事・専門職などは、若くして収入が高い可能性もあります。
医者や弁護士、経営者などが代表的です。
職業まで嘘をついてくる人も中にはいるかもしれませんが、実際にはやっていない仕事内容について話しているとそのうちボロが出ます。普段の会話の中でそれとなく聞き出してみましょう。


本当にその年収をもらっているかの確かめ方。

月収などを話の流れで聞く事ができれば、年収は逆算すればっと言いたいところなのですが、よほど仲良くならない限り、月収は聞きづらいですよね。
そういう場合は、趣味や住んでいる家の家賃など、月の出費を聞いてみるという手段もあります。月の出費を最低限賄えるだけの手取り額を予想し、年収を算出する事が出来ます。
あまりにもその金額設定が低いようであれば、よほどの節約家か、その生活を維持する程度の手取りの可能性が高いという事になります。

「メッセージのやりとりだけでは、わからない…。」
「多分大丈夫だと思うけど、不安が残る。」もしくは、「会ってみたい相手が少し怪しい。」といった時は、とりあえず会ってみましょう。

ただ初回のデートなので、男性も女性もある程度、服装もきちんとして挑みますよね。
男性には、食事やデートの場所などは委ねてみましょう。 そして、会ってチェックして欲しいのです。


初回のデートだからわかる!相手の本当の年収!

そう、初回だからと意気込むのが相手に期待をすればするほど、普通の事なのです。
だからこそ初回のデートというのは、相手の本来の年収がや収入の程度がわかりやすくなります。よほど、お洒落に気を使わない人だとしても、ある程度はこ綺麗にしてきますよね。
ましてや、高収入を謳っている人であれば、ビジネスマナーなどもきちんと心得ていますから、服装もある程度、どこにでも挑める様なファッションが理解できています。
高級品を全て身に纏っている必要はありませんが、”全身ユニクロ”は初回デートには向きません。
靴や小物、バック、時計などもあまりに安物をつけている場合は少し用心して探ってみてください。
また考えてくれたデートプランも、初回ですから、普通はお互いに少し頑張るはずです。
チェーン店だったり安さが自慢!なんてお店をチョイスする場合は、普段から高級店や相場が少しお値段がはる様なお店を利用する機会がない人の可能性もあります。 今までの会話含めて、総合的に判断してみてください。

では、マッチングアプリ内に記載している情報は全て嘘なの??っと思ってしまいますよね。
もちろん、ちゃんと書いている人も多いのですが、やはりお相手をひきつけたくて、偽っている人も多数です。
本気で結婚を考えている!っといった人には、収入証明や独身証明などをきちんと提出しないと、登録できない様な婚活アプリなんかもオススメです。


年収証明や独身証明書を提出!?安心なアプリとは。

スマリッジ

登録や利用をするのに店舗まで行く必要が無く、全てがオンラインで完結しているという、珍しい形態の結婚相談所。
「結婚相談所のサービスを低価格で」というコンセプトの結婚相談所アプリです。
全国1600社以上の結婚相談所と連携し、会員数約5万2000人という豊富な会員の中から自分に合った相手を選べます。
入会資格は、結婚を希望する20歳以上~65歳未満の独身者。もちろん初婚・再婚は問いません。
結婚意志があって相手を探していることが大前提なので、既婚者と遭遇する事も書類確認もありますので、避けられそうです。
現在、シングルマザー・ファザーさんなどの再婚にもかなり力を入れているようです。


youbride(ユーブライド)

『ユーブライド(youbride)』は、ミクシィグループが運営する東証一部上場企業、結婚相談所なども手がけている、IBJのグループ会社「株式会社Diverse」が運営を行っている大手マッチングアプリです。
サービス提供をしている会社「株式会社Diverse」は2013年に設立された年数自体は近年創業された会社なのですが、ユーブライド自体は提供からすでに20年近く経つほどの老舗サービスです。
また、ユーブライドのサイトを、よく見ると、「再婚を希望する方へ・・・ユーブライド(youbride)は再婚も応援しています。」と書かれたページに、行き着きます。
公式の発表によるとユーブライド会員の「4人に1人」が再婚希望者(バツイチ)だそうで、婚活サイトには珍しい、再婚希望者にも心強い出会いの場にもなっています。
その為、プロフィールの選択項目にも、離婚歴の有無や、その他のお相手に求める条件として、“子供がいる事を気にしない”や“結婚歴がある事を気にしない”方を募集したり出来る様にな仕組みになっており、隠していたり、流れで、あとになって話ずらくなってしまったなんて事がなくなりますので再婚さんにも安心の婚活アプリです。
任意ではありますが、収入証明の提示なども促しているので、確認はとりやすいでしょう。


marrish(マリッシュ)

『マリッシュ』は再婚活をコンセプトとしており、バツイチユーザーを優遇するシステムがある、バツイチ、シンママ・シンパパなどに心強い、2020年現在は約80万人規模の、再婚活応援マッチングアプリです。
特徴的なコンセプトなためユーザーを選びますが、真剣に相手を探すのであれば、おすすめできます。
マリッシュは「平均3ヶ月半で交際相手が見つかる」という高い実績があり、年齢層も30代~50代が中心で、中年婚の、本気で出会いたい男女にうってつけです。バツイチさんや、シンママ・シンパパさんにはサイトの応援サービスも豊富なので、「バツイチだから…」「子供もいるし、出会いなんてあるのかな…」なんて心配は、 まったく必要のない特化した出会い系マッチングアプリです。任意ではありますが、収入証明の提示なども促しているので、真剣な出会いがみのりやすいアプリになっています。


番外編

シュガーダディ(SugarDaddy)

こちらは婚活や恋活アプリでは無いのですが、同じく収入証明書が必須のアプリです。
現在国内で最も人気のあるパパ活マッチングサイト「成功者で魅力的な男性(シュガーダディ)」と「夢や目標がある魅力的な女性(シュガーベイビー)」の出会いを応援しているマッチングサイトであり、パパ活サイトの中には警視庁直々の認可である、"インターネット異性紹介事業届出”を申請していない、危険なサイトも珍しくないのですが、シュガーダディは「認定番号30150024001」でしっかり届け出をしているサイトです。
パパ活専用のマッチングサービスという、かなり特化したマッチングサイトなので、お互いの希望が行き違う事もなく相手を探す事ができ、シュガーダディの第2ステップとして、「年収証明」の機能が搭載されています。
プレミアム会員の男性は、自分の年収情報を証明するために給与明細や源泉徴収データを運営にアップする事で、確認が取れ次第、ダイアモンド会員となります。

シュガーダディ


収入が安定していて、かつ誠実な男性と出会うためには、「年収証明の提出があるか」は大切な1つの基準ですよね。
安心安全に、疑う事なく相手を知る事ができる安心感は何にもかえられません。
ぜひ、嘘を見抜いて、素敵な出会いを掴んでください。