Vol.2【見極め方と対処法】マッチングアプリ、写真詐欺にご注意を!



前回に引き続き、写真詐欺にあってしまった時の対処方法、そして写真詐欺にあわないための方法をお伝えしていきたいと思います。 マッチングアプリや、出会い系サイト、婚活サイト、出会いの場の中で、会話を通じ、魅かれ、会ってみたいと思いつつも、【Vol.1【男性編】マッチングアプリでの初対面!どんな格好をすればいいの?】で当てはまる様な写真だったとしても、気も合うし会ってみたいなっと思う事もありますよね。
ぜひ、そんな時、思いきって会ってみる事をお勧めします! もしかしたら、素敵な出会いのきっかけになるかも知れません、気持ちが合うというのは、大事なポイントです。
それでも、会ってみたら、あまりの別人具合で困ってしまったら? 気まずいですよね。だからこそ、会う前に踏まえておいてください。


初対面、デート当日、写真とは違うお相手が来た時の対処法!

写真詐欺に遭わないように対処したとしても、10年前の写真を使っていたり、太ってしまった!や、やはり加工を見分けられなかったり、写真と全然異なる人が待ち合わせ場所に現れることはあります。
そんな時、どうすればいいのでしょうか。


■『無理!』だと思ったら正直に!

写真と、あまりに別人が来てしまって、テンションが下がってしまうのは仕方がありません。

どうしても無理だと、この先を考える事ができなくなってしまった場合は、言いづらいかも知れませんが、お互いの時間を無駄にしない為にも、きちんと伝える事は大事です。 相手を傷つける必要はないので、きちんとイメージと違う事を伝えてもいいでしょうが、怒らずに自分のテンションがもう上がらない事を伝えて去りましょう。
もし、言いづらい場合は、罪悪感があるかとは思いますが、「体調不良だったものの、すっぽかすのは悪いのでとりあえず来た」など、伝えるのもいいかも知れませんね。 でも、そのまま音信不通は失礼にあたってしまうので、今後を考える事ができない旨を伝えましょう。


■相手だけを責めるのは禁物!過度な期待は禁物!

もしかしたら、自分自身の写真も相手にはかなり好印象で、見慣れた自分からすれば、そのままでも、初対面の相手からしたら、イメージと違う実物と異なっているかも知れません。 会話の流れや写真で、相手のイメージを美化しすぎてしまう事は禁物です。 はじめから、少し写真よりは…っと思っておく事が大事です。
そうして、イメージ通り素敵でも、写真より素敵だった場合でも、好感触になるのは間違いないはずです。


■もしかしたら、写真詐欺かも?っと思いつつも会う場合。

もしかしたら、加工っぽい…。けど相手が写真の追加は嫌がる。 でも、会ってみたい気になる存在になってしまった。 っといった様な感じで、とりあえず会う事になってしまった場合。
初回のデート設定は、仕事の合間や、予定を伝えておき1~2時間程度の短時間で伝えておきましょう、駅の近くなどに設定しておき、もしちょっと合わなかったと思った際に、解散しやすい状況を作っておきましょう。
会ってみて、印象がよかった場合でも短時間なので、「もう一度会ってみたいな」っと心残りがお互いに湧きやすい時間設定でもありますので、次に繋がりやすくなります。


加工レベルじゃない!全くの別人がきてしまった!

加工??いや、もはや本当に別人が来てしまったなんて場合もあります。
どこかからの拾い画だったなんて事も。 そういった場合は、闇風俗的な業者の可能性や、ヤリ目だったり、勧誘だったりの可能性が高いので、はっきりとお断りして、その場を去りましょう。 その為にも初対面の際は、人の多い場所での待ち合わせをセッティングしてください。

安全で楽しい出会いのためにも、会う前に見極めておく事は大事ですので、参考にしてみてください。