もしかして既婚者!?紛れ込んでいる、隠れ既婚者を見抜く方法!



恋愛や結婚を目的に、マッチングサイトやアプリを利用し、素敵なお相手と楽しく会話をはじめ、会ってみたら既婚者だった!ひどい場合はお付き合いをしてしまった後に、既婚者だと知ってしまった…。っといったヤリモク既婚者だったなんて場合も。
そういった出会いをしてしまったら、時間もお金も、何より心がボロボロになってしまいます。
次に出会いを求めることも、マッチングサイトを利用する事すらトラウマになりかねないですよね。
そんな相手にひっかからない為の隠れ既婚者を見抜く方法をいくつかご紹介したいと思います!


なぜ!?検索には出てこないお相手。

出会い系サイトや、マッチングアプリによっては身バレ対策を徹底している様なサイトがあります。
俗にいうシークレットモードやプライベートモードといった様なものです。 正式にそういう機能がなくても、同様の機能が設定できるサイトもあります。
どういった機能かというと、 相手のプロフィールを見ることができて、検索もできる。
相手からはプロフィールは見ることはできず、検索しても出てこない。 相手のプロフィールを見ても、足あとなどがの残らない。 いいねを送った相手にだけ、初めて自分のプロフィールが見られるようになる。
自分のアピールしたい相手にだけアプローチが出来、身バレしない機能なので、既婚者やヤリモクにとっては、かなり便利な機能となっている様です。
ログイン等などが、わかるアプリにおいても、表示されないので複数のお相手と対話をしても、バレないといった利点もあるのです。 本来であれば、ひっそり愛を育みたい人たちに作られた機能なのですが、どうしても悪用する人もいるのです。
でも、もうすでに『いいね』やメッセージのやりとりをしていれば、相手が検索にひっからないのか、身バレ防止機能を使っているのか否かがわかりませんよね。 そういった場合は、ここをチェックしてみてください。


モテそうな写真やプロフィールなのに『いいね』が少ない。

モテそうな写真や、きちんとしたプロフなのに、『いいね』が無い、正直ありえません。 もし登録したてであるなら、数日待ってみてください、それでも『いいね』が増えないのであれば、間違いなく身バレ機能を利用しているでしょう。 もちろん、少しは『いいね』がついていたとしても、身バレ機能を後から追加した可能性もあるので、上記の方法はそういった『いいね』を確かめる為にも有効な方法ですので、もし気になるという方は試してみてください。


もっと分かりやすい既婚者を見分ける方法は無いの??

身バレ機能だけでは、本気なのかも…っと分かりずらいですよね。
もっと、わかりやすい特徴をいくつかご紹介しますので、身バレ同様、参考にしてみてください。


●プロフィールの結婚に関する項目が空白。

マッチングアプリや出会い系サイトのプロフィールには、ほとんどのサイトに結婚に関する項目があります。
「結婚に対する意識」「子どもへの意識」など、結婚に関する項目に、既婚者やヤリモクは、先を考えていませんし、期待を過度に与えて面倒になるのも嫌がりますし、その事について質問をされたりする事も嫌なので、空欄にしています。
すぐすぐに結婚をしたいわけではない、婚活をしていない独身の人だとしても、「良い人がいれば」など誠実に基本的に誠実に回答しています。


●会話にやたらに下ネタが多い。

既婚者やヤリモクは、下ネタをさりげなく会話に折込、相手がどの程度乗ってきてくれるかを見て、簡単に「ヤレる」「ヤレない」の判断材料にしています。 そこで「押され弱い」などもはかられてしまいますので、注意してください。
そもそも、お互いをそんなに知らないもの同士の時点で、下ネタが多い時点で真剣な出会いや、きちんとした友人を探しているのであれば、対象外と判断しておく方が良い出会いに繋がるはずです。


●マッチングやメッセージ数通で会う話しかしてこない。

見ず知らずで、相手を知りたいのはあたり前のことです。 ですが、挨拶程度で、その様な希望を伝えても「とりあえず会おう」としか、言ってこない様なお相手は、既婚者・ヤリモクの可能性が高いでしょう。 決して、きちんと出会いたいのであれば、自分の希望はきちんと提案してください。
それすら聞いてくれない様なお相手であれば、会ったとしても、良い相手では無いはずです。
もし、それでも、早々に会う予定になりそうなのであれば、『夜ではなく昼間』『平日ではなく、日曜の昼間』など安全な時間帯や、既婚者がでにくい時間や設定を提案してみてください。 既婚者・ヤリモクだったら、たいていそこで連絡が途絶えます。


●「明日会える?」「今から会える?」など自分都合の予定ばかり提案してくる。

これは一度、対面した後も含めてなのですが、いつも会う時は、急だったり相手都合。
こういった男性は、急にパートナーが不在や、都合が良くなったタイミングだったり、単に自分の性欲が高ぶったときなどに、誘ってきます。 自分の欲望を解消してしまうと、そっけなくなったり、また連絡がしばらく途絶えてしまい、また急に誘ってくるなんていうパターンが続いてしまいがち。
初めて会う・何度目かのデート、いずれにしても、こういったメッセージの場合は、気をつけてください。
どうしてもそんなお相手の事が気になるという場合は、別の日程や自分から、提案するようにしてみてください。


●自分の家には誘わないし、家等も誤魔化されてしまう。

上記に当てはまらない場合でも、マッチングアプリや出会い系サイトで出会って、実際に仲良くなっても、ホテルといった時間を築けたり、あなた自信の家に行こうとはするものの、自分の家には絶対誘おうとはしない相手は高確率で既婚者でしょう。
既婚者が自分の家に誘わない、よくある言い訳がこちら。

・部屋が今汚いから
・家が遠いから
・兄弟と住んでいる
・部屋をシェアしている。

などなど、毎回そんな言い訳を言われる場合は注意が必要です。
ただ、一部例外もあり、単身赴任の場合は、自宅に呼ぶ事も可能なので、その他の既婚者ポイントなどもチェックして加味してみてください。


●連絡がとれない時間帯や日がある。

週末や夜の遅い時間に決まってピタッと連絡がとれなくなってしまう男性も、とっても怪しいです。毎日同じようなサイクルで、疲れて寝ているなんて事ありますか?
おおよそ、予想がつくのは、“奥さんや子供・家族がいるから”です。
ただし、これも単身赴任の、既婚男性には当てはまりません。
土日にメッセージ・電話ができていても、その他の既婚者の特徴がないか、注意してみてください。

・土日や、夜の遅い時間は連絡が取れない。
・週末・土日・祝日の夜は決まって電話に出ない。
・会える日程は、基本的に平日の夜。
・土日・祝に会おうとしない。

土日お休みという様な男性は特に、わかりやすいくらい、上記の行動がみられますので、注視してみてください。

相手の男性と対話をしながら、相手を信じたい気持ちがあるので、飲み込んでしまいがちな不安や、違和感は、真剣に出会いを探しているのであれば、決して見過ごさないように、既婚者、ヤリモク男性にひっかからない様に、気づかないふりは、もう辞めて、真実の出会いを見つけ出してみてください。