【出会いたい男女増加中】コロナ渦でどう出会う!誘うのは非常識??



コロナで会えない?いいえ、むしろ出会いたい男女は増加中!

みなさんは覚えていますか?東日本大震災の時に日本中で、増加したのが出会いなんです。
そして、”震災婚”という言葉が広く浸透しました。
人間の心理として、心身共に困難にぶつかってしまった時、一番意識するのが一人で居る不安感なんです。
そして、このコロナ渦も同様で、婚活サイト・マッチングアプリ・出会い系サイトの登録者数は増加中。
もうひとつの理由として、在宅勤務が増え、おうち時間も増加する中、ひとりを実感する時間も増えています。
その中で、街コンや合コン、お見合いパーティーなどは、コロナ渦で開催中止を余儀なくされ、出会いの場と言うのは減る一方。
男女ともに、出会いの場も減り、反比例する様に出会いの願望も増加し、その為、コロナ渦の中でも出会いを求める事ができる、出会い系サイトやマッチングアプリに男女が流れ込む様な状況ができているのです。


でも、コロナ自粛中でどうやって出会うの?

コロナ自粛の中、出会い系アプリやマッチングサイトでの、出会い方の形もかなり変化しているんです。
一部のサイトでは「今すぐ」や「即会い」系の掲示板が閉鎖。
確かに新型コロナウィルスの影響で、おうち時間をや、自粛となっている世相の中で、心理的な面を含めて即会いや、すぐに会うと言うのは厳しくなっているのも、事実かも知れません。
しかし、「今すぐ」や「即会い」系の掲示板が閉鎖されている中、各サイトも出会う為のコンテンツを新しく発信しはじめています。 その中でも、目玉の外出をせずに自宅で出会いを楽しむ事ができるビデオ通話機能などが実装され、「オンラインデート」を楽しむ男女が増えているのです。


「オンラインデート」より実際に会いたい!

もちろん、そうはいっても、やはり実際に出会いたい…。
そう思うのは致し方ない事。こんな時期、いきなり誘うのは非常識?っと悩んでしまいますよね。
実際に会うよりも「オンラインデート」は、デートに誘うハードルは、かなり低いんです。
これまでの出会い系サイトや、マッチングアプリでは、マッチング後に気にいれば、メッセージでのやりとりを重ね、お互いの了承が得られた時点で、デートの誘いや連絡先の交換といった形が基本的な流れでした。
しかし、コロナウイルスの影響を受けて主流になりつつある「オンラインデート」機能を活用すれば、ビデオ通話に誘いやすい環境が整っており、実際にお相手の顔を見ながら会話ができるので、メッセージのみよりも話やすく、相手の雰囲気なんかも伝わり、相手の事を理解しやすいですよね。
「オンラインデート」は、いきなり実際のデートに誘うというよりも、かなり心理的なハードルが低く、「オンライン飲み会」なんかで本音を話しあったり、趣味の話なんかをしてみたりする事によって、今度は会う事へのハードルも実際に低くなっていきます。
何よりも、そうやって顔をみながら、色んな話を文字ではなく、対面で話す事によって、実際に会う時の緊張感や、会話が詰まってしまうなんて事を回避する事もできる様になるのです。
そういった点でも、今までの出会い系サイトやマッチングアプリよりも、関係性が進展しやすくなったといえるでしょうし、いきなり誘う事がはばかられるコロナ時代に、実際に会う為のプロセスとしても重要な意味を持つ事でしょう。


実際に会いたいと思わせる「オンラインデート」のコツ!

「オンラインデート」をしたからとて、実際に絶対に会えるわけではありません。
メッセージのやりとりにしてもそうですよね? 順調にメッセージのやりとりをしていたのに、何を言ってしまったのか、急に冷たくなってしまったり、相手からのお返事が滞る様になってしまったり。 これは「オンラインデート」でも、同様です。
とくに、「オンラインデート」では写真の様に加工なんて出来ないからこそ、ありのままの自分自身が投影されてしまいます。

勘違いしがちなのですが、ここで重要なのは容姿!イケメン・美女といった事ではありません。

もちろん好みなんかも含めて、相手の理想や好みといった点は確かにありますが、 ビデオ通話は、それ以上に話し方や笑顔、清潔感が、男女ともに重視されるのです。 緊張のあまり、無表情で対話してしまえば、「無愛想な人だけど、会って楽しい時間が過ごせるのかな…」となってしまうのは、お互いにきっとそうですよね。


会話に自信がない…。

そんな人は逆に、ビデオ通話画面に何気になく、会話が弾みそうな、趣味のものなんかを映り込ませるのも手段です。

・好きな本や漫画・DVD・CDなどが並んだ収納棚。
・飼っているペットの写真や、趣味の写真。
・趣味用品


などなど、会話が弾む要因になりそうなものを、自然に、なおかつディスプレイの様に置いておきましょう。
お相手が気付いて突っ込んでくれれば、話も弾みますし、もし会話につまった時でも、自分から話すきっかけを作りやすくなります。 乱雑にただ、置いてしまうと、お部屋が汚い清潔感のない人と思われてしまいます。

カメラの位置も重要!

実は、カメラの位置、これってすごく重要、そして案外失敗も多い部分なのです。
スマホなど置く場所に困り、下から、映し出してしまっていませんか?
パソコン端末等も、テーブルの上に置いたら、おのずと下からしか撮れないなんて事も。 でも、この下から撮影は厳禁です。
「オンラインデート」は会うまでのステップであり、第一印象はとっても大事です。
実際に会いたいと言うモチベーションが下がってしまわない演出は多少なりとも必要なのです。
そして、下からの撮影は背景や小物が映り込みにくいだけではなく、当事者も太って写ってしまったり、目が小さく写ってしまったり。
笑う度に顎したのお肉が気になってしまって…、なんて思われたくもないですよね。
コツとしては、必ず、やや顔より高い位置で撮影をしてください。
最近ではスマホスタンドも、1,000円以下で販売されていたり、かなり簡単に手に入る様になっていますし、ノート型のパソコンであれば、雑誌なんかでもいいので、台座を作って上げ底をしてみてください。
デスクトップのパソコンからであれば、自分自身が座る位置を調整するなど、工夫をしてみてください。
良い印象に写る為の小さな努力は大きな実りに繋がります。

「オンラインデート」での自宅恋愛で出会いの効率化。

新型コロナウィルスの長期化により、当初は“アフターコロナ”を考えていた人たちが、徐々に“ウィズコロナ”へと移行しはじめていっています。
仕事も、初期対応として行ったはずの、オンライン会議や在宅勤務も、いつの間にか主流になり、会社へ毎日必ず通勤する意義すら称えられはじめてきています。
やってみたら、その方が効率も良く、今までの価値観がなんだったんだろうと見直されはじめているのです。 「オンラインデート」も同様になっていくことでしょう。
はじめての状態で、メッセージだけでは伝わりきれない、相性や雰囲気を確かめる為に出向き、お金を使い食事をし、実らず、また同様に相手を探してを繰り返し、ようやくお相手を見つける。
サクラやキャッシュバッカー、業者対策にも、対面し、対話をする事で、対策の一躍を担う事でしょうし、金銭的にも時間的にも非効率だった部分を、ある意味で「オンラインデート」は簡略化し、実際に出会う時にはある程度の関係性を築けているはずです。
コロナ渦での出会いの形を逆手に取り、男女共に出会いの確率もあがっているこの時期に、素敵な出会いを見つけてみるのもいいんでは無いでしょうか。