気をつけて!キャッシュバッカーの特徴、見分け方



「キャッシュバッカー」、出会い系を利用したことがある人は聞いたことあるのではないでしょうか?

出会い系サイトでは、女性利用者に対して「キャッシュバック制度」をおこなっているサイトがいくつかあります。
キャッシュバック制度とは、女性が男性とやりとりをするとポイントが貯まり、そのポイントを換金できるというシステム。
インターネット通信料の還元という理由で行っているところもあるようですが、実際には一部女性のお小遣い稼ぎになっており、キャッシュバック目的の女性が「キャッシュバッカー」と呼ばれています。

純粋に出会いを目的としている女性ももちろんいますが、中にはキャッシュバッカーのように「お金目的サクラ」も潜んでいますので、やり取りの際には見極めが大切! 今回はそんなキャッシュバッカーの特徴や見極め方をご紹介します。


キャッシュバッカーの特徴

■短文を何度も送ってくる

一言だけなど、短文をちょこちょこと送ってくるのもキャッシュバッカーの手口。
まとめて送ってきたらいいのに回数を稼ごうとしていることがバレバレ!
男性側がお金かかることは女性も知っているはずなので、わざとらしく小分けして送ってくる人は注意!


■誰でもウェルカムな投稿・プロフ

出会い=誰でもOKな人はほとんどいません!
最低限相手を知りたいし、好みもありますよね。誰でもいいからメッセしてという女性はキャッシュバッカーや業者の可能性大。


■怪しいプロフ画像

最初から会う気がないので、拾い画像を自分の写真として使っているキャッシュバッカーが多いです。
本人の可能性もあるので、心配だと思ったら相手を傷つけないように、それとなく別の写真を送ってもらったりするのも◎


■断っているのに何度もメッセージを送ってくる

本当にあなたに興味があってメッセージを送ってくる人もいるかと思います。
でも、断っているのに、無視しているのにしつこくメッセージを送ってくる人はキャッシュバッカーの可能性もあるので、そのまま無視するようにしましょう。


■エロ画像を頻繁に送ってくる

メッセージをもらう為、こちらが求めてないのにエロ画像を送りつけてくるキャッシュバッカーもいます。
拾い画像を使ってくるので怪しいと思ったら無視、または通報するようにしましょう。


■すぐに会えると言いながら会おうとしない

サクラの手口と一緒ですね。
自分から「すぐに会いたい」「誰でもいいから」と言いながらやり取りを引き伸ばしてくる相手はキャッシュバッカーかサクラの可能性が高いので気をつけましょう。


本当に会える相手を疑ってはいけない!

キャッシュバッカーの特徴を紹介しましたが、相手を疑いすぎて会える相手に対して「お前サクラだろ!」「キャッシュバッカーだろ!」と言ったりしては意味がありません。
当たり前の「自己紹介」や、相手を知りたくて送っているメッセージまでポイント稼ぎだと思ってしまってはいけませんよ。
実際に女性が体験したこんな例もあるようです。

■急な仕事が入ってしまい、予定を変更しただけで「キャッシュバッカー」呼ばわりされた
土曜日の夕方に初めての顔合わせを予定していたのですが、仕事が入ってしまったので翌日を提案したら「キャッシュバッカーだろ!」と急に怒られて連絡が取れなくなりました。家族や友人、彼女でも予定が変わることだってあるのにひどいです。

■写真交換を断ったら「会う気がないなら連絡するな」と言われた
顔写真を送って欲しいと相手に言われ、容姿に自身も無いし、出会い系に写真を投稿するのは抵抗があったので断ったら「会う気がないだろ」とサクラ扱いされました。あまりにひどい!

■初回メッセージで自己紹介の長文を一方的に送ってきて、質問を返したらポイント稼ぎだと言われた
会える人を探している投稿をしていますが、当然会う相手がどういう人か知りたいので質問くらい送ります!正直こんなケチで短気な人と会わなくてよかったと思いました。

■いきなり「1通で決めましょう」と送られてきて、断ったら暴言吐かれた
ポイントが無いから1通で決めましょうとか、自分の都合押し付けられて、断ったらキャッシュバッカー扱いですよ(笑)信じられない。それなら街でナンパでもしてろ!って言いたくなりました。

本気で会いたいと思っている人は相手を知りたい、女性の気持ちもわかって欲しいと思うのが当たり前。
なぜ出会い系を選んでいるのか、なぜやり取りが出来るサイトを選んでいるかというのもわかってあげてほしいですね。
せっかく会えるチャンスを自分からダメにしてしまわないように、きちんと見極めながら楽しく利用するようにしましょう。