せっかく会えたのにダメに…実は自分のせい!?次の出会いに活かして欲しい初対面でひかれない方法!



なぜか、せっかく会えたのに、いつも次に繋がらない…。

連絡が途絶えてしまう。デートが盛り上がらないなんてお悩み抱えていませんか?
せっかく会えたのに、本当にその言葉が頭の中を埋め尽くしてしまいますよね。
会う事ってとっても勇気もいるし、ご縁も必要。その一つ目の難関をせっかく突破できたのに何故? 繰り返してしまう人は、繰り返してしまいます。
だってダメだった点に気づけていないから。 会う=デートまで漕ぎ着けるのであれば、そのダメだった点に気づいて、本当の出会いに辿りついてみませんか?


デートの雰囲気は最初から険悪でしたか?

少しだけ思い返してみてください、念願叶って出会った瞬間、緊張でぎこちなかったかもしれません、でもきっとお互いに嬉しいはずですよね。
その瞬間から、その後は食事?デート先?に移動をして、その間の二人の時間はどうでしたか?
もし、その瞬間から、あまりにぎこちない=もはや険悪な時間だったとしたなら、お相手はきっと「イメージと違う…」っとガッカリしていた事でしょう。

私自身、相談をされ、一番に指摘し、そして当てはまりがちな事、そうなんです、”写真やプロフィールの内容とあまりに違う!”自分では気づいていなくても、これがとっても多いんです。 会えると言うのは素敵な事ですが、会えると言う事は相手に気にいられると言う事です。
そして気にいられたいが為に、プロフィール写真を美化していたり、(もはや別人なんてオチもありますよね。)プロフィールのスタイルや雰囲気とは全く別人といって良いほど、相違していたり。でも、こういうプロフィールを書く事に慣れてしまうと、その自分との相違点に気付けないままになってしまう人が、多い多い!
写真は自分に自信がなくても、ありのままを掲載してください、もしどうしても載せる自信がない人はせめて、横顔や斜めからの写真、雰囲気がきちんと伝わる写真にしましょう。
プロフィールも同様、高身長だったり細身だったり書いていて、会ってみたらぽっちゃりさんだったり、あれ?っとなってしまいますよね。
見た目が“竹野内豊に似てるって言われます”“北川景子に似てるって言われます”本当ですか? キツネちゃん系のスッキリした人がタイプの人が、あなたのプロフィールや美化した写真を観てあなたを選んでしまったら?
タイプと言うのはどうしても人には有って、そればかりは揺るがないですよね、それなのに、期待したスッキリタイプの子ではなく、ぽっちゃりタヌキちゃんが来てしまったら?
美化された写真やプロフィールに過度な期待をされて、会ってもハードルを自ら上げてしまって首を絞めているのと変わりません、相手がガッカリしてしまう気持ちは、ハードルがあがっていれば、あがっている程大きくなる事をお忘れなく。

次は、会った瞬間はよかったのに、相手のテンションが徐々に下がってしまって…。という場合。


目が合わない!会話が弾まない!どうして…??

最初は、すごく良い笑顔を見せてくれて、会話も弾んでいたのに、ものの数十分で、お相手の表情が曇ってきてしまったら?
最初の笑顔を見せて…っと辛くなってしまいますよね。 何か気にいらないなら、言って欲しい。でも実は表情に出る前にサインは出ていたはず。
表情や態度に出だしてしまう時には、実は手遅れモードなんです。お相手は帰りたい…っと思っているかも?

・メッセージのやりとりの時と同じあなたですか?
紳士だったのに、優しかったのに、グイグイ系に変身していたりしていませんか?
忘れないで欲しいのは、会おうと決めた理由です。
それは写真だったり、プロフから始まったかもしれませんが、きっと対話をして、「あっ、この人だったら会ってみたいな」っと思ったはず。 LINEやメールのやりとりは、すごく話を聞いてくれてたのに、会ってみたら自分の話ばかり…。
こんな風に思われている節に心あたりはありませんか? 会話自体も自分本意になってしまっていたり、深堀も出来ずに、上っ面になってしまっていませんでしたか?
楽しいあまり、自分本位になってしまう、これは相手に、初対面だからこそ、ひかれてしまうんです。あなたを知らないからこそ、こんな人なんだと刷り込まれてしまいます。

・気にいられたいがために、よく見せすぎてしまっていた。
気持ちはとってもわかります、これもプロフや写真と同様で、相手に気にいられたいがため、会いたいが為、相手の願う様な人物になりきっていませんでしたか?
でも、それは仮想の空間だからこそ実現できた、あなたの姿です。
会ってしまえば、いくら演じようとしても、綻びも自我も溢れ出てきてしまいます。少しの間、相手の要望の自分を演じれたとしても自分自身も疲れてしまい、きごちなくなってしまうものです。

・デート中の対応や気配りの無さにゲンナリ。
お互いに初対面だからこそ、細かい事が目につきます。店員さんへの態度が自分への優しい対応と大違いで、きつい口調や態度。運転中や、何かあるごとにプチ切れしてしまっていた。自分では気づかない癖にひかれていませんか?これは私が一番気にする点だったのですが、いろんな人の体験を聞いていると、とっても多かった原因のひとつ。
いますよね、店員さんには偉そうに話したり、ミスした人にきつかったり。真相の相手を見ちゃったみたいな気分で、自分にどんなによくしてくれても、もう会う事はないかなっと思った記憶があります。


ありのままの自分で最初から勝負!

どんな原因をとっても、結局はこれなんです。
盛り過ぎていたり、美化しすぎていたり、繕った自分でいたり、会ってみれば、少しの時間を共有すれば、全てバレてしまうもの。
どうせ会うなら、次に繋がる出会いに、どうせ会うなら思いっきりその時間を楽しみたいはず。

出来る限り、ありのままの自分で、会う前から勝負をしてみてください。