メッセージから読み解く!!その相手、脈アリですか?



マッチングアプリや出会い系サイトで、やりとりをしているお相手。
会ってみたけど…、次はあるのかな?っと不安を感じていたりしませんか?
「社交辞令なんじゃ…」「何人かのうちの一人なのかな」など、葛藤があってあたり前ですよね。
その不安も、お相手との対話の中に必ず、サインが溢れているはず!
サインを見つけ、不安を解消し、もしそのお相手に脈がないのであれば、次に進んで、もし脈アリなら次のステップに進んで、良い出会いにチャレンジして欲しいものです。


「会ったらLINEをブロックされてしまった…」「突如連絡が取れなくなってしまった…」

こんな経験はないですか?そんなあなたは脈のない相手を深追いしすぎてしまったのでしょう。
気付けなかった事で、時間を費やしてしまい、気付けなかった事で、余計に傷ついてしまった…。トラウマになってしまうと、次の出会いに挑む気持ちも折れてしまいますよね。 初対面、緊張もあり、最初は会話が進まないのは仕方のない事ですよね。でも、おかしいな?っと感じて欲しいポイントがあるんです。
あなたが話した事に、目を見て話をしてくれていましたか?
相槌+相手からの質問はありましたか?独り言になってしまう様な場合は、正直相手はあなたにさほど興味を抱いていないでしょう。
いくら話下手だとしても、興味を抱き出すと、おのずと質問をしたくなりますよね。ただ受け流したり、軽い相槌だけの場合、あなただけが舞い上がってしまっている可能性はかなり高いです。 そして、その日のデートを少しだけ振り返ってみてください。
その日のお別れはあなたから言い出しましたか?それともお相手が帰りましょうと進めましたか?
これはとっても、大きなポイントです。
次のデート場所に行くのを誘うのも解散を言い出すのもで勇気が必要ですよね、その中でお相手から、食事のあとなんかに、じゃあとサッパリと解散を促されたら?
これは正直、次回は無いと思ってください。 名残惜しさを相手が抱いてくれていたか、重要なポイントです。


相手も判断に迷っている場合も注意。

振り返ってみて、曖昧だな…。そんな露骨でもなかったし…。
そういう場合は(特別嫌だったわけじゃないけど、疲れちゃった。)(この人、一人だけで決めていいのかな…)など、要因はいくつかあると思いますが、決めかねている場合も。 むしろ逆の立場でも、きっとそんな対応になってしまうと思いませんか?
そんな場合、解散後や翌日のLINEやメールにも、如実にあらわれる事でしょう。
相手からのメッセージ、全くの脈なしなら、<全く連絡が無い><お礼だけの一行メッセージ>など、露骨な場合が多いでしょう。
こういう場合は正直、後追いはせずに、簡単にお礼を済ませ、次の出会いにチャレンジする方が傷つかない方法だと思います。
もし相手に少しでも、あなたに興味があれば、その時点で、お相手の方から連絡があるはずです。
「あれ?案外相手も素っ気ない…、気になるな」っというのが心理でしょう。
でも、そこまで露骨では無い、気遣いの様なメッセージだと判断を決めかねてしまいますよね。 気を使う様なタイプのお相手だと、メッセージであからさまな対応はしないでしょうし、気にはなるけどと、決めかねている人も同様。
そういう場合、多くても4~5通以内に判断をし、先ほど同様、自らメッセージを終わらせてひいいてみてください。追いすぎると、悩んでいた比重の中の、NGが膨らみ、嫌悪感が深まっていってしまいます。 人間の心理的にも追われると逃げたくなってしまい、逃げられると追いたくなるものです。
決して、初期の深追いは、気になっている相手ほど厳禁です。


4~5通で判断ってどう判断すれば?

まずは、どちらからでも、構いませんが、お礼などのメッセージをやりとりすると思います。
その際、もし相手からであれば、デートの内容についてや、具体的な内容は書かれていますか?
ただお礼だけだった場合、原点方式だとするのならば、これはマイナス1点です。
そして、あなたから連絡した場合は、必ず、具体的な内容でお礼を逆にきちんと送ってください。会話は終わってしまうし、相手がむしろ脈なしと判断をしてしまいます。 楽しかったのであれば、それは必ず伝えあうべきです、相手の立場だとすれば返事のしようの無いメッセージは次のステップに繋がりません。
次のメッセージの為にも、会っている時、もしくはお礼のメッセージの際に次に会う事を匂わせておきましょう、「今度、○○に一緒にいってみたいね」など、二通目のメッセージに自ら話題としてふってみて、その際にその話題にお相手が乗ってきてくれれば、かなりの脈ありでしょう。
逆も、もちろんあり気です。
2通目の判断材料にしてみてください。

そして、相手が自分が送ったメッセージに、質問で返してくれるか。とっても大事なポイントです。
もちろん、自分の送ったメッセージにも要因があるので、質問したくなる様なメッセージを送るのも重要ですが、その様なメッセージを送っているのにも関わらず、さらっと流されてしまったり、返信が1日後だったり。
その様な場合は、正直次に会うのは難しいと思いはじめてください。 4通目、5通目。これは相手から自発的に来る事が大前提です。この時点で定期的なリズムになれないのであれば、相手は嫌々、連絡があるから返事をしているだけになっているかも。 決め手として、電話を誘ってみてください。相手が出なかったり、理由をつけて電話をしてくれない場合は、一度ここで身をひきましょう。 ひいたあなたの事を、お相手が気にかかる様であれば、そのうち連絡がありますし、もしここであなたから、それでも連絡を執拗にしてしまうと、ブロックされてしまった…、なんてオチになってしまう可能性も大きくなるでしょう。
一度、そこまで下がってしまった温度は、戻りません。

次の素敵な出会いに踏み出せなくなってしまう前に、この教訓を胸に、次の出会いに進んでくださいね。