やっと会える!“会う前にもう一度”失敗しない初めてのデートの注意点。



出会い系サイトやマッチングアプリで、やっとお目当てのお相手と会う予定が決まった…!最高にテンションあがりますよね。
舞い上がって、会えるその日が待ち遠しくて…。
すっかり忘れてしまっていませんか?

正直、何も準備をせずに会う事は、もしお相手と次のチャンスに進みたいのであれば、不安すぎます。会う前に舞い上がって、「あっ!当日」っとなってしまう前にきちんと準備をしておくと、より楽しい時間を過ごす事が出来るはずです。


じゃあ一体何を準備すればいいの?

準備しておくべき事は実は沢山あるんです。 これは物理的なものではなく、行動や言動について。 会う前に、ぜひ確認してみてください。

①会って何をするか決まっていますか?
②食事の場所は決まっていますか?
③食事や予定していたイベントが終わってからは?
④次に会う予定はたてておきましょう。
⑤その為にも楽しい時間作りを!
注:自分本位の会話や行動には気をつけて。


今回、あなたはどんな風にお相手と会う予定を決めましたか?


①会って何をするか決まっていますか?

“○○に行こう”や”○○をしよう” こんな風に目的が決まっていますか?決まっていると少し安心ですよね。
する事や、行く場所をリサーチしておくと、スムーズな流れでデートを楽しめます。 でも、何かをしようだけで、その次の流れを決めておかないと、実は大惨事になってしまいます。人付き合いが得意で、何度も出会い系サイトや、マッチングアプリでデートの経験があれば、その瞬間瞬間で対応出来るでしょうが、お互いに慣れていないと? 次のデートすら厳しいし、「じゃあ今日はここで」っとあっさり、せっかく初対面の楽しい時間の予定も、気まずいまま終わってしまうなんて事になりがち。
スムーズな会話や流れのためにも、正直会うまでに会話や、サイトによってはオンラインデートが出来るサイトもあるので、二人の時間を楽しんで、会話が弾む様な関係になっている事もひとつのポイントです。
会う事に焦りすぎて、見切り発車の様に会うのは、上級者のなせる技。 そうでは無い人や、真剣に出会いを求めている人は、会う前にやっておくべきポイントとして、関係性作り。これは実は一番重要な事なのです。


②食事の場所は決まっていますか?

これも実は大事なポイント。
行き当たりばったりで会ってしまうと?先ほども述べた様に、会話が弾む様な関係性になってから会うのならば、流れでここにしようなんていうのも楽しいのですが、そうじゃないと、お互いに譲り合って気まずい雰囲気に。
初対面の時は、会う前に相手の食べたいものや、いってみたいお店なんかをリサーチして予約しておいたり、流れを確認しておきましょう。


③食事や予定していたイベントが終わってからは?

なんとか、ここまでスムーズに進んだ!っとイベントが終わり、ほっとしますか?
内心、もう少し一緒にいたいな、っと思いませんか?大事なのは、会う前にイメトレをしておく事。
スムーズに下心や不安感を抱かれない様な誘い方を考えておきましょう。 でないと、やはり、「じゃあ今日はここで」っとなってしまいます。


④次に会う予定はたてておきましょう。

ある程度、会話も弾み、楽しい時間を過ごしている時こそチャンスです、また会いたいともしあなたが、お相手に感じたのであれば、それはきちんと伝えるべきです。
食事中に、あんなのが好き、食べてみたいななんて話があれば、じゃあ今度一緒にいってみようかと誘ってみたり、チャンスは逃さない様にしましょう。
実は、お互いに奥手になりすぎてしまって、『自分に相手は興味がなかったのかな』と思いあって、一度きりになってしまったという例はかなり多いのです。

鉄は熱いうちに打て、という様に、出会いも熱いうちにです。


⑤その為にも楽しい時間作りを!

次回会う、その日予定していた事だけに終わらない為に、全ての意味で次につなげる為、楽しい、気まずくならない時間作りを会う前から、きちんと考えて会ってみる事をオススメします。
誰かの紹介や、普段の生活の中での出会いと違い、どうしてもインターネットでの出会いでの初対面は、不安がいっぱい。
“サクラでは?”“業者では?”“美人局では?””ヤリ目では?””何かの詐欺や事件に巻き込まれてしまうのでは?
大なり小なり、お互いにどこかしら不安を抱き、その中で、勇気をもって会うはず。だからこそ、普通の出会いとは違い、ひとつ、ふたつ、緊張や疑心という壁が立ちはだかり、ちょっといつもとは違う空気感になってしまいますよね。
そうならない為にも、筆者はとくに初心者さんには、即会いはオススメできません。
無理強いして、お相手と会っても壁は大きく立ちはだかったまま、余計に会話に詰まる事になるでしょう。
焦りは会う前も会ってからも禁物、できれば相手から会ってみたい旨の会話が節々にでてくるまでは、すこし対話の時間を持つ事をお勧めします。
あまり長いと、サクラや業者さんという不安を抱いてしまうので、それはある程度期限を決めるのもアリですね。 会って、空間や、会話につまらない様な関係性作りを、サイト内で作っておく事はとっても大事です。
そうすると、<何々をして、あっ、夜は一緒にご飯を食べたり、飲んだりしたいな>なんて会話や要望も、あたり前の様に言い合え、対面した時に気まずい時間を過ごす確率は激減するでしょうし、これは実は恋活だけでなく、セフレや割り切った関係の相手を探してる人にも共通なのです。スムーズにそんな関係に流れを進める為にも、いらない壁は不信感や、疑心に繋がるので取り払っておく事がポイントになるはずです。

そして、ちょっとだけ注意点を。


注:自分本位の会話や行動には気をつけて。

と書かせていただきましたが、実は相手が一番嫌悪するのが、ココ。

緊張のあまり、相手が話をしてきた事にも食い気味に「俺も・私も」っと話を全てかっさらっていってしまって、そのまま永遠自分の話や、自慢話に愚痴にとワールドが展開されていってしまうなんて、心当たりはありませんか?
そうなってしまうと相手は、もう話す事を諦めてしまいます。面倒になってしまうし、退屈になってしまう、 基本的に女性は話を聞いて欲しい生き物です。
もし男性で心あたりのある方は、ある程度は相手の話を聞いてあげる余裕を、話す前には一呼吸、相手の話が終わったか思い返してみましょう。
おのずと次に繋がっていく事でしょう。