【重要】あなたの出会いの目的は?セフレor恋愛?



出会い系サイトやマッチングアプリを登録するとき、出会いの目的はみなさんは、きちんと決めていますか?
もちろん「暇だったし登録してみたー」なんていうのもアリなんですが。
本当に出会いたい人は、きちんと出会いの目的を決めて登録する事をオススメします!
なぜ?って、実は一概に出会い系サイトやマッチングサイトといっても、特色があるんです。
そして、案外これは重要なんです!実はサイトのコンセプトも特色も、サイトごとに大きく違うものなんです。もちろんサイトの特色が違えば、登録している会員さんも目的も全然違う!


出会い系サイトやマッチングサイト、サイトごとの特色とは?

しつこい様ですが、婚活サイトの様に、実は出会い系サイトやマッチングアプリによって、サイトそれぞれのコンセプトや特色があります。
恋愛重視なサイトに変な話、割切りで出会いを求めている様な人が出会いを探しても、なかなか見つかるはずもありませんよね。絶対的に出会えないとはもちろん言いませんが、効率よくお互いの希望にあった様な人が沢山いるサイトで活動した方が効率的ですよね。
これは逆にしかりです。恋愛や結婚を前提になんて思ってる人が、大人の出会いを目的としている様なタイプのサイトに登録をしてしまったら、「冷やかされているのかな?」なんて落ち込んでしまう様なオチに陥ってしまう事でしょう。


具体的にどんな出会いの目的があるの?

じゃあ具体的にどんな目的ごとの出会いがあるの?

一例ですが。
・恋愛や結婚を目的としている。
・友達・恋愛・メル友・趣味共の様なカジュアルな出会いを目的としている。
・不倫・大人の恋愛を目的としている。
・パパ活・ママ活など即会いの出会いを目的としている。

に加え
・若い男女の出会いを目的としている。
・中年層以上の男女の出会いを目的としている。

といった年齢をはっきりと分けて謳っているサイトもあります。
・バツ有りさん、子持ちの男女の出会いを目的としている。
・高収入、高学歴同士のみの出会いを目的としている。
・トランスジェンダーさん向けの出会いを目的としている。


陥りやすい出会い系サイト選びの間違い!

基本的にサイトのコンセプトは、サイト自体が売り出していたりするので、サイトに登録する前に一度ゆっくりサイト紹介なんかを一読してみると、おのずと分かるものなんですが、特化したものが無いサイトっていうのもありますよね。
オールジャンルの出会いを求めている様なサイトです。
こういうサイトが一番、万能でいろんな出会いを求める事もでき、何より会員数も多いのも特徴なんです。会員数が多いっていう事は、確かに出会いのチャンスは増えます。
でも、だからこそ出会い初心者さんには難しく、失敗経験が…なんて事にも。
特色がないからこそ、相手の希望も自分の希望も伝わりずらいのです。
先ほど述べた様な、特色の強い様なサイトであれば、相手が連絡をくれた=同じ出会いの目的のの相手という事がわかっていますよね。
正直、てっとりばやい。でもオールラウンダーなサイトでは、自分とは全く違う目的の相手からの全く違う目的のお誘いかもしれないのです。
いくらプロフィールに、”恋人募集”や“趣味友が欲しい”なんて書いていたとしても、解釈によっては“割切りのお友達?”“エッチな趣味を分かち合おう”なんて勘違いがうまれてしまう事がないとも言い切れないですよね。そして、実際にそんな体験談もよく聞くお話なんです。
じゃあ一体どうすればいいの?


愛人=援助交際にご注意。

決して、オールラウンダーな出会い系サイトや、マッチイングアプリを否定しているわけではありません。むしろ特色を一個に売り出してない分、会員数も多く、出会いの確率は格段にあがるからです。
ただ、だからこそ、注意して欲しいのです。語彙の裏側や、伝え方に。
とある、既婚男性から、もちかけられた相談なのですが、 「彼女が欲しくて(不倫相手)登録して何度か会ってみたんだけど、結局は援助目的の女性や、個人でデリヘルやってるみたいな子だった」といった相談だったんです。
「彼女なんて難しいのかな…」と嘆く既婚男性。
よくよく聞いてみると、どう不倫を持ちかけていいかわからず、基本的には女性からの「愛人として」というお誘いだったというのです。
それを聞いて、彼には《不倫・大人の恋愛を目的としている》サイトを紹介しました。
こういうサイトでは、サクラやキャッシュバッカーという存在は、現在運営さんの努力によって、かなり激減はしてきたものの、変わりにというべきか、金銭を目的とする交際をもちかける様な個人経営の様な俗にいう【援デリ】っといった様な業者に近い様な一般的な出会い目的ではない女性の隠語の様なものが横行気味なのです。
本当に不倫として楽しい出会いがしたいのであれば、自らお誘いする方が男性は得策かもしれないですね。女性が最初のメッセージから「愛人として会いましょう」なんて正直あやしくて仕方ありません。


「恋愛がしたい・セフレが欲しい」希望は明確に!

ここまできて、じゃあどうしたら?っ惑わせてしまったかもしれませんね。 出会い目的に固執しない、オールラウンダーなサイトというのは、出会い系サイトやマッチングサイトでは先ほど、伝えた様な目的がはっきりした様なサイトより王道で会員数も多く、大手サイトも多いのです。
問題なのは相手からの伝えられ方や、自分自身の伝え方が重要という事なんです。極端な例ですが、プロフィールに一行程度書いて、真面目な恋愛は難しいでしょう。
むしろ、大人なお付き合いですら難しいでしょう。
まずは、特色がない分、自分自身の希望や自分自身を伝える事が重要です。
第一歩は全く知らない者同士ですから、やっぱりプロフィールを確認する事から始まりますよね。
サイトによっては、ブログやSNSの様なものをサイト内コンテンツにおいてる様なサイトも増えてきていますので、ぜひ活用して、自分の事を伝えてみてください。

オールラウンダーなサイトも、自分だけの出会いの特色が伝わるコンテンツに変わるはずです。