【マッチングアプリ】緊急事態宣言だからと出会えないと諦めてませんか?今だからこそ出会える方法とは!?



新型コロナウィルスの感染拡大からおよそ1年。
1年経過した今も緊急事態宣言や蔓延防止措置などが政府により発令されるなど、新型コロナウィルスは沈静化を見せていません。 自粛生活にも疲れが見えはじめている人も多いはず。
そして、ステイホームとおうち時間が増え続ける中、出会いが欲しいという気持ちはむしろ増している人も多い様です。
一人の時間を切実に実感してしまうのが、ステイホームの特徴なのかもしれません。
それも相まってなのか、マッチングアプリの登録者数も増加の一途を辿っている様です。
出会いが欲しいと切実に感じて、マッチングアプリデビューをしてみた!っという人が多い一方、緊急事態渦の中どうやってこの出会いを進展させていったらいいのか、会う事が出来るのか?そんなジレンマに直面している人も多いのも現実のようです。
そんな悩みを少しでも解消できる事を願って、次のお話をしていきたいと思います。


今がむしろ出会いのチャンス!?会えないと諦めないで!

実はあるアンケート調査の結果、
コロナ渦で婚活の手段が変わったと答える男女が約6割強と増え。
またコロナ渦でも新たな出会いがあったと答えた人が7割。
そのうちの出会いのツールとして圧倒的に答えが多かったのがマッチングアプリという方法でした。

緊急事態やコロナ渦だからこそ、リアルでの出会いが難しいと考えたり、一人の時間で冷静に今後を考えたり、単純に一人が寂しいと実感したり、その結果オンラインでの出会いが増加している様ですね。
またコロナ渦の中でも新しい出会いがあったと答えた男女の7割以上が、なんとマッチングアプリでの出会いでした。

マッチングアプリではコロナ対策として、オンラインデートができる環境を提供していたり、自宅でもメッセージだけでは伝わらなかった相手のことを以前より深く身近に知ることが出来るというシステムの提供によって、新たな出会いが増加している様です。
ただコロナ渦の中、関係性が深まれば深まるほど、会ってみたいなっという気持ちの増加と反比例して、どうやって出会いに繋げていけばいいのかという葛藤を多く生み出してしまうのが現状ですよね。


コロナ渦、会うことはいけないことなの???

確かにかなり非常にデリケートな問題ですよね。
ハッキリと誘ってみたらいいとか、会ってしまえばいいとは言い切れないのが現状です。
とくに緊急事態宣言地域では、厳しいものもあるでしょうし、無碍に誘ってしまって 「非常識な人」っと思われてしまってもいけません。

やはり大前提として、緊急事態宣言解除後のリアルデートをオススメします。

ひとつの要因として、
「実際に会いたい」と答えた男女は9割近くをアンケートでもしめており、
その中の大多数が「緊急事態解除後に即座に会いたい」と回答しているからです。
やはり、今無理をして会って、お互いに迷惑をかけてしまってもという不安が存在する部分と、常識的な呵責面も多いに反映しているのではないでしょうか。


いつまでも待てない…!リアルな出会いに発展できるか心配。

そうはいっても、「いつまでも待てない」「このままアプリの中で終わってしまうんじゃないか…」と不安な男女が多いのも事実の様です。
ですがひとつ念頭にいれて欲しいのが、マッチングアプリ、コロナ渦で出会いの目的が大きく変わってきているということです。
以前は、恋活や友達探しが割合として多かったのですが、現在は婚活があっとう的に占めているんです。

先ほどから述べている様に、コロナ渦での一人でいるということの不安やパートナーの大切さを知ったからではないでしょうか?

マッチングアプリ内で対話やオンラインデートを重ねている相手が本気の出会いを探している確率が大幅にあがっていると言う意味でもあり、以前の軽い出会いとは違い絆や信頼度も大きくあがっているようで、解除後にデートをしたいという意思をきちんと相手に伝えておくことで相手も安心し、具体的なお互いの目標も高まることによって関係性もより深まり、解除後に会いやすくもなります。
実際に、前回の緊急事態宣言解除後に実際に会い、カップリングした男女も多く報告されています。
不安になるのもわかりますが、今だからこその出会いを 今だからこそ深めて、現実に変えていきませんか?


このステイホーム、おうち時間を解除後の楽しみを築くことで 一緒に乗り越えていける相手をとの関係性も深く刻んでいくことができるんじゃないでしょうか。
ひとり寂しい時間にせず、未来への希望を築く時間にぜひ変えていって欲しいものです。