②【セフレが欲しい男性必見!!】リアル調査・マッチングアプリ本当にセフレはできるの?

☆★①【セフレが欲しい男性必見!!】リアル調査・マッチングアプリ本当にセフレはできるの?☆★
↑ぜひご覧ください。


日常の出会いの中で見つけるセフレ相手の危険性と、
今回はセフレ関係を求めている相手の見抜き方もお届けしていきます。


日常の出会いの中で見つけるセフレの危険性とは?

引き続き、一体普通の出会いの中から出会う割切りやセフレという関係作り…
どんな危険が潜んでいるのでしょうか。

◎仕事関係でのセフレ関係は失職に恐れも…!?

よくあるひとつが、職場や取引先など仕事の関係がきっかけで仲良くなり、そのまま…。
真剣なお付き合いであれば、何の問題もない出会いの形なのですが、
これが割切りやセフレといった関係の場合、付き合っていく過程や別れるとなってしまった時に、さっぱりとお互いに合意できればいいのですが、そうでない場合、脅されてしまったり、会社にバラされてしまったり、リスクがかなり大きいのです。
周りの目に関しても知っている相手だったりするので、余計に悪い印象が残ってしまいます。
割切りの関係の場合、あまりあなた自身の仕事場を知らない関係に収めておく方がリスクは激減するでしょう。

◎いくらセフレでも既婚者にはご注意を!

もちろん、男女ともに肉体関係だけをラフに求める人はいます。
それはパートナーがいても同じ事です。
だからこそ、割切りの気軽な関係がいいといえばそうなのですが、冷静に考えてみるとわかるのですが、これはリスクがかなり高い関係です。
自分がもし既婚者で割切りの関係を求めるとしても、お互いに既婚者だとバレてしまった時のリスクは計り知れません。
基本的に自分が既婚以上に、相手が否かは重要です。
慰謝料など、莫大な損失を被ってしまったという話も、よくある話なのでよほど注意をして挑むべき関係性でしょう。

少しのコツで劇的に出会いは増える!

あなたは過去にマッチングアプリに登録をした事がありますか?
その時に、どんなアプリをチョイスしましたか?
そして、どんな相手に「いいね」をしましたか?

◎マッチングアプリ選びを間違ってしまってませんか?

「有名なアプリだし」「名前を聞いた事があるし」「会員数が多いみたいだし」っと安易に選んでしまっていませんか。
どれも決して間違いではありません。
有名で一度は名前を耳にした事がある様なアプリは安全面ではかなり信頼をよせる事ができるアプリの確率が高いですし、会員数が多いという事は出会いのチャンスも多いという事です。
ですが、有名な婚活アプリや恋活アプリではありませんか?
これでは、正直気軽な関係を求めるには道のりが遠すぎますしトラブルになってしまう可能性も高いです。

その条件の中に、コンテンツの豊富さと友達募集などカテゴリが豊富かどうかを付け加えてアプリを選んでみてください。
コンテンツや、カテゴリが豊富なアプリは、割切りやセフレなど気軽な出会いを求めている人が多いうえ、真剣な出会いを求めている人とトラブルになる可能性もありません。
お互いが同じ目的な分だけ効率よく、出会う事、そして実際に会う事が可能になります。

 

◎どんな目的の相手が気軽な出会いを求めているの?

率直に、出会いのカテゴリが恋活・婚活の人は避ける方が効率よくトラブルも避けながら出会いを探す事ができます。
では、具体的にどんな出会いを募集している人を探せばいいのでしょうか?
恋活・婚活の次に『メル友』っと選択している人は避けた方がいいでしょう。
絶対に会えない相手ではないのですが、『メル友』っと選択している人は慎重にことを運びたいタイプの人が多いので、気軽な出会いで会うにしては少し時間がかかってしまいがちです。
トラブルを避け、時間をそこまでかけずに会う相手と考えるのであれば、
『飲み友達』や『遊び友達』などを選択している人を選ぶと、誘いやすいですしセフレ化しやすいお相手の可能性もかなり高くもあります。


◎初回から飲みの誘いを断らない人。

気軽な出会いを求めるのであれば、初回のデートの際にお酒が飲めない人でない限り、ランチのお誘いなどより飲みにいく事を誘ってみる事をオススメします。
もし、お酒のお誘いを断らない相手であれば、スムーズに一晩を過ごすお誘いができますし、セフレ化しやすいという確率もかなり高いです。
女性側も『酔っ払ってしまってたから』っと言い訳をしやすくなるので、大胆になりやすいようです。
彼女にするなら別ですが、「初回はランチタイムに会いたい」や「人目が多いところで短時間」っといった慎重派な女性はセフレという関係性に持ち込むには少し身持ちが堅すぎてしまい、セフレには向かない相手という事になります。



次回、具体的にセフレ選びに適したマッチングアプリをいくつかご紹介できればと思っていますので
ぜひ、今回も含め参考にしていただければと思います。