No.1【マツコの知らない世界】もう怖くない!特集・紹介されたマッチングアプリの世界とは?



昨年のことなのですが、人気テレビ番組【マツコの知らない世界】の中でなんとマッチングアプリ市場について『マッチングアプリの世界』と題し特集放送されました。

30種類のマッチングアプリを使って、実際に300人と会ったという、マッチングアプリプロフィール添削を生業としている”おとうふさん”が詳細に現代のマッチングアプリを紹介し、マツコデラックスさんも、「マッチングアプリってすごいな…」っと唸るほど、現代のマッチングアプリの進化を語ってくれていましたので、そちらも踏まえて現在のマッチングアプリとは…、をご紹介していきたいと思います。

怖くない!マッチングアプリがないと出会えない…!?

ひと昔前まで、マッチングアプリは怖いんではないか、騙されってしまわないかっと抵抗がある人も多かったのも事実。
そして、今まで出会いのツールとしては合コンなどの方がマッチングアプリよりも格段に活用されていたのではないでしょうか。
【マッチングアプリ=怖い・騙されてしまう】は過去のものとなり、現在はセキュリティに関しては運営サイトが24時間監視態勢といった様に対策がきちんと取られ、入会時には身分証の提示が必須のアプリも多く、安全面の心配は格段に低くなりました。

そして金銭的な面でも合コンなどであれば、1軒目で約4,000円程度の出費で同時に数名の異性と会うといった感じでしょうか。
奇跡的に趣味があったりタイプのお相手と出会うことが出来ればいいですが、何度も何度も合コンにチャレンジして、っといった様にかなり手間も時間もお金もかかってしまいます。
マッチングアプリも確かに月額やメッセージのやりとりにつきと金銭が伴ってきますが、金額は一回の合コン分とさほど大差なく、合コンとは違い何万もの相手とマッチングする事が可能です。
時間、金銭的な意味合いでも、合コンでの出会いはオワコンと言われている程、効率よく自分に合った相手とマッチングできるのが、現代のマッチングアプリの特徴でもあるのかもしれません。


マッチングアプリ…、若い子ばかりなのでは?

AIで自分にあった相手をマッチングしてくれたり、そんな出会いを求めるのは若い人ばかりなのでは?っとマッチングアプリをはじめたいと思いつつも躊躇している人も多く世代的には抵抗感も未だ根強いようです。
しかし、現実にはマッチングアプリの利用世代というのは年々広がり、現在20代〜50代の男女の3人に1人が利用しているとも言われています。
また世代や出会いの目的にあったアプリも多く存在し、そのアプリの種類は700種類以上。
幅広い世代が利用する事によって確実に出会いのチャンスも広がっているのです。


出会いのチャンスがなく自信を喪失していた人もマッチングアプリで自分に自信がつく!?

番組内で「マッチングアプリを利用し、いいねがもらえる事で自分に自信が湧いてきて、変われた」との発言がありました。
そして現に、実はこの様な例はかなり多いのです。
非モテな日常を過ごし、出会いに臆病になってしまっていたり、合コンにいくのや友人の紹介すら億劫になってしまっていたけど、マッチングアプリをなんとなくはじめ、複数の”いいね”がつく事で自分に自信を取り戻せたといった体験談。
いい意味でも悪い意味でもヴァーチャル感のあるマッチングアプリでの出会い。
だからこそ、出会いに億劫になっていた人でも軽い気持ちでスタートする事が、いつでもどこでも出来るのも特徴。
そして、現在マッチングアプリは日々拡大中で、かなりの人々が登録し、出会いを求めている分、合コンなどでは中々出会えない、コアな趣味を持っている様な人でもマッチングできる確率も高いのです。
そんな趣味や自分の事を素直に書き出した中に”いいね”が届く事により、自分自身に自信を取り戻していき、次のステップに進んでいく人も多いようです。




今と昔、現代のマッチングアプリ事情、少しは伝わったでしょうか。
”いいね”がこない人への打開策や、現在急激に進化を遂げているマッチングアプリ市場を次回詳しくお伝えしたいと思います。