緊急事態宣言下【婚活するなら今!】コロナ渦で結婚したい男女がマッチングアプリで急増!?



とある調査で、緊急事態宣言をきっかけにマッチングアプリを利用するようになったという会員が増加、
その半数が緊急事態宣言を機に結婚・恋愛願望が高まったと答えている事が明らかになりました。
緊急事態宣言の中、人と人との繋がりが希薄になり、出会えない、出会うきっかけすらない状態の中、将来への不安、1人でいる事への孤独感などを実感し『パートナーがいれば…』っと今の現状を見つめ直す機会が増えているようです。

その中で、非対面の中、まったく出会うはずのなかった相手と出会う事ができ、接点を結ぶ事ができるという事も相まってマッチングアプリという市場が多いに拡大し、会員数を伸ばしています。
実際にドラマや映画、バラエティ番組などでもマッチングアプリを題材にしていたり、会話に上がったり、今までとは違い、出会いの場=マッチングアプリがポピュラーになりつつある事も誰しも体感しているのでは無いでしょうか。


会員数の急増で結婚・恋愛も叶う!?

会員数が増えるという事は出会いのチャンスも多いにもちろん増えていきます。
その結果、現に 成婚率やカップルの成立率も急増しています。
また、一会員が増加しているのではなく、この世情の中の急増なので、真剣な出会いを求める人にとってはかつてないチャンスとなっているのです。

2、3個のマッチングアプリをかけもち派も急増!

出会いの切実さからか、今までのマッチングアプリ利用と異なり現在増加中のマッチングアプリの現状として、ユーザーの大半がいくつかのマッチングアプリに同時に登録している事もわかってきています。

いくつかのアプリに登録し、別の土俵の中で出会いを探し、自分にあった人と出会いたいというところの様です。
また、緊急事態宣言の中、飲食店が20時までしか営業していないために、週末の日中に複数アポをとり会ってみたという人も多い様です。
営業時間短縮という事で会うタイミングも中々難しい現状の様ですが、日中に会ってみるという事で女性会員にとっては会う時の安心感も高まっている様で、コロナ渦といえど直接会うという事のハードル自体が実は若干下がっているようなのです。


実際に会う事へのハードルを下げているオンラインデートとは??

以前はマッチングアプリ内にて【サクラ】や【CBキャッシュバッカー】などの存在もあり、『実際に会う』という事にはハードルがあった様ですが、現在は運営側の対策や法改正などによって、一斉のクリーン化が徹底的に行われ、その様な会員等には徹底的に罰則なども行われ、比較的に安全面にも徹底した運営がおこわれています。
その為、安全に出会えるというイメージもかなり定着し、実際に出会い率もかなり増加しました。
ですが、やはり女性会員にとっては『実際に会う』という事は、真剣な出会いを探している会員ほど、相手がどんな相手なのか、危ない人ではないのかなどの不安もあり、相手をよく知ってからと、比較的時間を介し会うという事が多かった様です。
ですが、このコロナ渦の中、各マッチングアプリで搭載される様になった機能としてオンラインデートが普及しつつある現在、相手とネット上ではあるものの、目を見、顔を見つつ対話できるという事によって、相手をより深く知る事ができ、会うという事への時間や警戒心を払拭しやすくなっており、今までよりむしろ『実際に会う』という事へのステップへ進みやすくなっている現状がある様です。

『結婚・恋愛』パートナー探しをするなら今!

一都三県は緊急事態宣言継続中といえど他県は条件付きの解除が行われ、若干なりとも緩和ムードとはいえ、まだまだコロナ渦が続く中、マッチングアプリでの会員数は現在も増加中。
マッチングアプリ市場では、過去最高、アクティブユーザーも多く、真剣にパートナーを見つけるなら今なのかも知れません。
一人でいる事、今後の事、冷静に考え実感し、誰にとっても人生観に多かれ少なかれ変化を与えているこの時に人生を変えたいと思う人も増えているのです。
オンラインデートなどで、一人の在宅時間を何気ない出会いの時間に変えるのも、今後にとって影響をあたえる大きな時間になりうるのではないでしょうか。