ヤリモクにメシモクにご注意を!マッチングアプリ出会いの目的は様々!?



マッチングアプリで出会いを探すといっても、実は目的は様々。
アプリによっては婚活目的・恋活限定などもあるのですが、大手の老舗アプリでは、項目ごとに出会いのジャンルをわけているだけで、いきなり結婚や付き合うっていうのは不安という人にも対応できる様な作りになっています。
しかし、これらは遊び相手を探す人や、友達作りをしたい人にも利用しやすいわけです。
出会いの項目をきちんと守ってくれていればいいのですが、趣味共や飲み友など、友達系のジャンルでは目的は、若干曖昧にですよね。
では、一体出会いのジャンル項目に書かれてない、別の目的とはどんな目的があるのでしょう。

ヤリモクにメシモク!?恋活だけじゃない目的とは。

去年から、今年に続き、マッチングアプリに関するドラマが続々と制作されています。
去年度は、女優の山口紗弥加さん主演の「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」
今年に入っては本田翼さん主演にて、「アプリで恋する20の条件」が放送。
マッチングアプリの需要は日に日に増していっています。
もちろん、こういったドラマなどの放送や芸能人の発言によって、マッチングアプリの入会者は軒並み右肩あがり。
会員数が増えるという事は、出会いのチャンスも増加するという事です。
ですが、ドラマの中でも、出現したのが、このヤリモクにメシモクを探している会員さんの存在です。
お友達募集の方や、後腐れのないお付き合いがしたいといった人にとっては、この出会いは注目かもしれませんが、恋活や婚活、恋人前提のお友達募集の人にとっては、ちょっと厄介な相手に違いありません。


ヤリモク・メシモクとは?

ヤリモクとは、以前から多く、恋活中の女性にしてみれば敵の様な存在です。
もちろん、割切りの遊び相手を探している様な女性もいますから、合致する出会いを探す事は否定はしませんし、そんな相手と出会えるのもマッチングアプリの良さでもあります。
そして、近年増えているのが、メシモクという出会いの目的です。
これは圧倒的に女性会員で多く、食事目的の会員の事を指します。 サクラや業者などと違って、会う事はできますが、高級な食事をたかって、はいさよなら。 相席居酒屋なんかでも、よく、ご飯目当てでっと聞きましたが、まさにその様な目的で利用している人です。

ただメシモクには、実は二種類存在するのです。

◎最初から食事をご馳走になるだけの目的

もともとそこまで恋人が欲しいわけでもないけど、いわゆるメシモクとして利用する人の事です。
「食事目当てだけど、気があえば、また会ったり次に発展しても良いかな」っと思っている人と、完全にデート商法の様に「食事だけ、あわよくば何か買ってもらおう」っとったタイプの人もいます。
こういった人の見分け方としては、あまりメッセージのやりとりをする必要性がないので、無駄なメッセージのやりとりを嫌います。
また、早々に「まずは食事でもいきませんか?」など、会う事を誘ってくる事が多い傾向です。


◎恋人探しのつもりだったけど、タイプじゃなかったからシフトチェンジ

会うまでに、それなりにやりとりもしたし、メシモクじゃないはずなんだけど…。

会って、食事に行こうっとなったら、やたらに高めのお店をおねだりされ、食事を奢ったらバイバイ。
この場合、次に会う機会は、無いと思ってください。

『会ってみたら全然タイプが違ったので、せっかくの時間ももったいないし、どうせなら食事くらい良いものを奢ってもらわなきゃ』っといった感覚の様で、SNSなんかにも、そういう口コミなども多く投稿されています。
この様な原因の多くは、アプリ内で自分をよく見せすぎていたり、時間をかけずに会う事を急かしてしまったなどの要因がある様で、相手にガッカリ感を多く与えてしまった事が多くの原因の様です。


完全なる、メシモクの場合は案外わかりやすく 

・すぐに会いたがる
・好きな食べ物が高級品ばかり
・お店を指定してくる=高級店 ・ショッピングにも行きたがる

など、メッセージの時点でフラグが多い様です。

もちろん、「デートするんだし、それくらいいいよ」っといった様なパパ精神や、恋愛目的じゃない人にとっては、遊べるし、あわくよくばで楽しめる相手かも知れませんので、一概に否定はできません。
しかし、恋活や婚活中の人にとっては、時間も金銭も浪費してしまい気持ちが疲れてしまう相手になってしまう事でしょうから、会う前にぜひ判断してみてください。