【気づいて!】やってませんか?モテない男のマッチングアプリで気持ち悪がられる行動。



容姿もおかしくはないのに、よく聞く様なマッチングアプリでのやってはいけない行動の対策だってとっているはずなのに、なぜか「いいね」がつかない。やりとりが続かない。会う予定が決まらないなどに悩んでいる男性も多いはず。
そんな人たちに、問いて欲しいのは、こんなダメ行動。
やってしまっていませんか?
ダメ男典型の気持ち悪がられてしまう行為を。

マッチングアプリ内の気持ち悪がられてしまう行動とは?

マッチングアプリ内、実際に会ってみるまではヴァーチャル感がいなめず、相手を実感ができない部分もあります。
だからこそ、焦ってしまったり、普段ではしない様な行為を大胆にも起こしてしまいがちなのも、やはりマッチングアプリでの特殊な部分かも知れません。 その中で、こんな行動をとってしまっていませんか?

◎すぐに告白してしまう。

マッチングアプリ内にて、相手の感触を掴めず焦ってしまい、メッセージのやりとりから間も無いのにも関わらず、すぐに告白してしまう。
正直、相手の事を一瞬で好きになってしまう事だってあるかも知れません。
ですが、勢いだけで伝えてしまうと、第一印象は、「気持ち悪い」そんな風に捉えられてしまっても仕方がありません。「この人はきっと手当たり次第にみんなに告白をしているんだ」そんな風にも思われかねません。
女性は基本的に男性と違い、時間をかけて相手を知り、好きになっていく事の方が多く、数通のメッセージや一度会ったからといって、好きになる可能性はかなり低いです。
恋愛感情が昂っていない相手に告白をする事によって、自分をきちんと知ってもらう前に避けられる様になってしまう可能性も高まるので決して得策では無い事を知っておいてください。

◎長文すぎるメッセージ。

一通、一通を大事にしたい気持ちはわかりますが、重たすぎるのはNGです。
長文すぎるメッセージは気持ち悪さと重さのコラボレーションですし、お相手も何をどう返事していいかもわからなくなってしまいます、そして時間が空いた時にでも返事をっとなり、そのうち長すぎるメッセージの返事をする事すら億劫に。
気軽に会話ができる事が仲を深めていくコツなので、相手もお返事をしやすいメッセージ作りを心がけてみてください。

◎数通で住んでいる所を聞いてくる。

下手をすれば、住んでいる所や、連絡先、仕事などを最初の一通から、まとめの様に聞いてくる男性。
女性からすれば、あなたひとりに決めるには選択肢が少なすぎます。
まだ、あなた自身の事を何も知らないのに、あなたに決めるわけもなく、そんな状態で、根掘り葉掘り個人情報を聞かれれば、相手は気持ち悪いと思い、警戒心を抱きかねません。
焦る気持ちはわかりますが、焦る気持ちは相手に伝わり警戒心を与えるだけです。
気持ちに余裕を持つ事が相手に自分を知ってもらい、実際に会うという事へ進む最大のステップである事をお忘れなく。 まさに、急がば回れです。

◎トイレやお風呂場での自撮り。

自撮り写真は基本的に危険がいっぱいです。
ひかれてしまうポイントが沢山だからです。
なので、以前のコラムなどにもいくつかアドバイス記事はあるのですが、基本的には自撮りに見える顔写真というのがベストです。
その中でも、もっともNGなのが、上半身裸の自撮り写真や、お風呂場での露出写真。トイレでの清潔感にかける生々しい写真などはもっとも、気持ち悪がられてしまいます。
写真は基本的に清潔感を大事に、ナルシストになりすぎない事を意識してください。

◎真剣な出会い目的の女性に性的な発言。

割切りの関係を求めているならまだしも、そうでは無い、恋活や婚活女性に大して、数通のやりとりで、性的な事を語りかけてくる行為。
『お風呂に一緒に入りたいな』『どれくらいしてないの?』『一緒に寝たいな』『下着ってどんなの履いてるの?』などなど、性的な話を聞く事は基本的にNGだと思ってください。
また、そんなメッセージにのりの良い女性は、業社などの可能性が高い事もありますので、注意が必要です。


ほんの一部ですが、女性がひいてしまった、気持ちが悪いと感じてしまったという、非モテ男性の典型パターンでした。 全く同じ発言じゃないにしても、心あたりはありませんか? いくら、マッチングアプリだといっても、人と人という事を忘れずに、大胆すぎる発言、行動には気をつけて、接してみてください。