後編【コロナ渦で実感】ひとりはもう嫌!マッチングアプリでパートナーと出会い方



前編では、コロナ渦だからこその出会いの心理とチャンスについて、 こんな時だからこそ自分自身を偽らず長い時間を共にできる様なパートナーと出会うチャンスが増えている事、そして実際に出会っているカップルが急増している事などをお伝えしました。

では、どんな特徴に注目してアプリを選べばいいのでしょうか?
そしてマッチングアプリで本当に出会えるのでしょうか。

ドラマに映画にマッチングアプリでの出会いが主流に!?

コロナ渦の中、ドラマ業界でもマッチングアプリでの出会いを描いたドラマや、映画など、マッチングアプリは出会いの選択肢として、主流化しつつあります。 実際にみなさんの周りにも、真剣な出会いを求めて、マッチングアプリに登録している男女も増えているのではないでしょうか?
以前とは違い、運営側もアプリやサイトのクリーン化に力をいれており、
結果、サクラや業者などが激減、怪しい様なユーザーは運営側に通報すれば即刻退会処理をされる場合も多く、トラブル被害も激減しています。その為、実際に出会いやすくなり、ドラマや映画でも取り扱われるほどの出会い方の主流に変化しました。
登録者数は軒並み急増。出会いのチャンスが増える一方、ライバルも増加しているという不安をお持ちの方も増えている様です。

ライバル増加は、出会う確率アップ!

よく耳にする相談で、「会員数やアクティブユーザー数が多すぎて、ライバルが多いので小規模なマッチングアプリに移行してみたのに出会えません」という様なお話です。これは多いに間違いです。
アプリに登録し、一通り覗き、ライバルが多い…っと感じたアプリは、出会う確率が多いアプリに間違いありません。
アクティブユーザー(数日以内にログインしているユーザー)が多いアプリは『ライバルが多い=会員が多い』という事です。
アクティブユーザーが少ないアプリは、それだけ会員が少ないのですから、その分出会うチャンスは減ります。
人の数が多い分、出会いの数や、その人それぞれのタイプや出会いの目的も違いますから、あなたに見合った人と出会えるチャンスも増えるという事ですね。
ライバルの数だけ、あなたに見合う人と出会う確率も大幅に増加しているという事実を胸に、なるべくアクティブユーザーの多いアプリで挑んでみてください。

また掲示板の数が豊富なアプリも、重要です。
恋愛・婚活限定のアプリの場合は別なのですが、基本的にマッチングアプリとして運営しているのであれば、豊富な掲示板の種類があるアプリを選択してみてください。
恋愛をしたいのに割切り目的・実際に出会いたいのに、メル友。など、求めている出会いとは違った出会いを求めている様な相手と関わらずに出会いを見つける事ができやすくなりますし、掲示板のジャンルを超えた、しつこいお誘いには運営サイトに通報などをすれば、きちんと対応をしてくれるアプリが多いので、安心して出会いを見つける事ができます。

『結婚を考えた出会い』『恋愛を考えた出会い』では使うアプリは違う!

真剣な出会い・長い時間を共に過ごせる様なパートナーと出会いたいといっても、その意図はそれぞれ違います。 「まずは恋人が欲しい」「まずはデートしたり相手を知りたいから気軽に恋愛から」という人と、「人生の伴侶としての結婚を見据えたパートナーが欲しい」という人では、ステップが変わってきますし、これは、もちろん出会うマッチングアプリも大きく違ってくる事を意味しています。 結婚を大前提で見据えているのに、「まずはデートしたり相手を知りたいから気軽に恋愛から」というステップを踏みたい人と出会ってしまうのは、どうしても後々ズレが生じてきてしまうはずです。 そして、恋愛をして相手と知りたいという人にとっては今度は重荷に感じてしまい、結果的には合わなくなってきてしまいます。

オンラインデートやオンラインお見合いなど、ビデオ通話を活用!

コロナ対策として、オンラインお見合い・オンラインデートといった様なビデオ通話を用いた、出会い方の提供を開始したアプリが現在多く存在します。 コロナ渦の中、中々実際のデートに誘うタイミングというのは難しい部分も出てきている中、一度は相手をバーチャルではなく、リアルに感じたい。 どんな人なのか、もっと知りたいと感じた時には、まず活用していただきたい機能です。 実際のデートに誘うよりも、気軽で、相手を身近に知る事ができるのも利点です。 今だからこそ実装された機能ですが、身近になる分、実際のデートにもステップアップしやすく、ぜひ活用していただきたい機能のひとつになっています。


次回、いよいよ、実際に出会えたカップル、成婚したカップルの多いアプリをご紹介したいと思います。