前編【コロナ渦で実感】ひとりはもう嫌!マッチングアプリでパートナーと出会い方




みなさんは、2020年どんな1年を過ごされましたか?

どんな人にとっても、大なり小なりコロナ渦に埋め尽くされてしまい、いつもとは違った1年に誰し変わってしまったでしょう。そんな中、実はコロナ婚とでもいうべく、結婚を選択するカップルが増加した1年でもありました。
コロナで会えない時間が増えたり、もしくはリモートでの仕事が増え、お互いの事を今まで以上に知ったり、人生観の変わる様な時間を過ごした結果、結婚を決意するといったカップルも多かった様です。
そして、もうひとつが、こんな時だからこそ、独りを実感し、不安や寂しさを切実に感じてしまったという人が急増しました。そうは言っても、こんな時だからこそ、新たな出会いなんてどうやって見つけたら?という疑問にぶつかってしまいますよね。
実際、 相席居酒屋や、合コン、婚活パーティーだってコロナ渦では中々、チャンスは減っているのが現実なんです。

コロナ渦だからこそ、交際率・成就率UP!

コロナ渦は、”一人を卒業し共に生きていくパートナーと出会いたい”という気持ちを増加させるものなのかも知れません。 この約1年間の間に、結婚相談所・マッチングアプリ・出会い系サイト共に入会率は増加。
また、それ以上に各運営形態によって若干異なりますが、オンラインお見合いやオンラインデートなど、コロナ渦の中、うまくオンラインで対応した、複数のアプリなどは、数十%単位でカップル成立率・成婚率は増加しているといった様な報告も多数あげられています。

人生観が変化!結婚を意識する男女も増加!

結婚相談所などにはひとり暮らしの働く女性から、「こういう状況になり、いざという時に誰かに守ってほしいと感じた。一人を実感してしまった。」「頼れる人がいないと気づき心細いし不安になりました。」
また、男女共に「将来このままひとりぼっちなのかと考えた…。」など、切実な相談が多くよせられました。

今だからこそ、自分さらけだして出会える!?

人生観が変わる今だからこそ、虚構の自分ではなく、そのままの自分をさらけだして出会える時期に入っているはずです。
実際、マッチングアプリなどに登録、写真を投稿する際などに、容姿やオシャレに自信がある人はいいのですが、大半の人は躊躇、どんな写真をあげれば…?なんて悩んでしまいますよね。もちろん、相手を選ぶ際も、タイプだったり、一緒に歩くならこんな素敵な人がいい!など、実際容姿というのは男女ともに大なり小なり関係してくるものでしょう。
でも、今はお出かけが減っていたり、ステイホームなどで自分の時間を見つめ直していく中、容姿だけではなく、精神的な繋がりを考える人が増加傾向にあります。


◎『仕事をがむしゃらにやってきた』→休みや在宅が増えた事による、それらへの価値観の転換。→『自分自身の時間を考える様になり優先順位が変わった。』

◎『パーティーや飲み会に興じるのが好きだった』→ステイホームによりそれらが出来なくなった。→在宅の中、あんなに周りには人が居たのにひとりだと実感し、着飾ったり、派手に遊ぶ事の意味に違和感を覚えはじめた。

など在宅する事で、価値観の変化にぶつかり、【その時楽しく】よりも、長い時間を見据えた精神的な繋がりを意識する人が増えました。 だからこそ、容姿に不得手を感じていた様な人でも、純粋にありのままの自分で、気持ちの通う出会いを求める事ができるチャンスに入ってきているんだと思われます。

ありのままで出会う為に、どんな風に自分をアピールすれば良いのでしょう。
そして、外出の出来ない今、どんなアプリや出会いの手段を活用すれば良いのでしょう。
次回、具体的な例を用いつつ、お伝えしたいと思います。